岡崎市で呼吸器内科をお探しの方は、みなとクリニックへ

みなとクリニック

0564593737

呼吸器内科


COPD

咳(せき)

image

咳は、外からの異物(ほこり、煙、ウィルスなど)を追い出すために起こる、身体の防御反応です。また、気道にたまった痰を外に出そうとする役割もあります。痰とは、気道粘膜に異物がからまった状態のことを言います。

2~3週間で治まる咳は、ほとんどの場合は風邪などの呼吸器感染症です。しかし、それ以上続く場合は「慢性咳嗽(まんせいがいそう)」と言われ、感染症ではなく、喘息、アレルギー、気管支症候群、肺がん、結核などの病気である可能性が疑われます。

喘息

image

喘息は、気道が炎症によって狭くなる病気です。たばこや冷たい空気などの刺激に過敏になり、ちょっとしたことで咳が出たり息苦しくなります。

放っておくと、気道が破壊されてしまいます。そのため、早期の発見・治療が重要です。また、一時的に症状が良くなっても炎症や狭窄は続いているといったケースも多いため、継続的に治療を続けることが必要です。

ページトップへ戻る