風邪をひいた後に咳が長く続くことがあります。ひどいと夜中に咳き込んでしまい寝れない時もあり困ってしまいます。何か特別な病気でしょうか。|岡崎市にある呼吸器科・内科

みなとクリニック

0564593737

ドクターQ&A

風邪をひいた後に咳が長く続くことがあります。ひどいと夜中に咳き込んでしまい寝れない時もあり困ってしまいます。何か特別な病気でしょうか。

風邪や気管支炎の際に気道内上皮が炎症のために損傷を受けはがれ落ちたりして咳を刺激する神経の末端が露出してしまい、感染症自体の炎症は落ち着いているのにもかかわらず、咳が長引く場合があります。これを感染後遷延性咳嗽(かんせんごせんえんせいがいそう)といい、風邪や気管支炎の後に長引く咳の多くの原因となっています。この状態に即効性のある根本的な治療はなく、咳を止める対症療法を行って落ち着くまで待つ必要があります。

 

これとは別にマイコプラズマ感染症や百日咳など感染後に咳が長引く場合もあり、これらの際にはマクロライド系及びテトラサイクリン系抗生剤が有効とされています。さらに8週間以上咳が続いた際には、感染症や感染症後の影響ではなく、喘息、咳喘息、アトピー咳嗽、胃酸の逆流刺激による咳嗽、副鼻腔炎など耳鼻科的疾患も考慮しないといけません。咳が続く際にはこれら疾患の他に、最悪の場合肺がんや肺結核の鑑別も必要となりますので、早急に呼吸器内科を受診してください。

ページトップへ戻る